Skip to content

確定申告に必要な書類を押さえておきましょう

仕事としてチャットレディーの道を選択したあなた。
時間の許す限り仕事に打ち込み、ライブチャットの専門サイトに登録する男性から満足の声をいただき、報酬として金銭を受け取る。
単純にその繰り返しだけで毎日を過ごせるなら楽でいいのですが、残念ながらそうはいきません。
収入が一定限度を超えると、税金を支払う義務が発生するのです。
一般的に、年収が百三万を超えたら税金を支払わなければならない、という話を聞いたことがあるという人が多いのではないでしょうか。

しかしこれにはちょっとした落とし穴があって、例えば、OLとして会社勤めをする傍ら「あくまで副業として」チャットレディーという職に従事するというのであれば、確かに年収が百三万を超えるまでは納税の義務が発生しません。

ところが、チャットレディーの他には仕事を持っていない状態、つまり専業としてチャットレディーの職に就いている場合であれば、原則として年収が三十八万円を超えた段階から納税の義務が発生します。
うっかり油断していると関係機関から納税の督促状が届いてけっこう恥ずかしい思いをするので、納税に関するイロハをしっかり理解しておきましょう。

チャットレディーが支払う税金は、収入から自動的に天引きされるものではありません。
自営業のような感覚で、自分で収入を把握・管理しなければならないのです。
そのうえで納税の義務が生じる場合、最寄りの税務署に必要な書類を提出しなければなりません。

確定申告の際にはどのような書類が必要になるのか、ちょっと説明しておきますね。
一読いただければ、いざという時に慌てなくて済むかと思います。
私自身、始めて確定申告を行うことになって際にはけっこうあわてましたから。

確定申告に必要な書類にはいくつか種類がありますが、その中でも主たるものは、申告書Aと申告書Bです。
アルファベットが違えば使い道がどう異なるのか、重要なことです。
基本的に、チャットレディーを副業として行うOLさん等は「申告書A」を使い、チャットレディー以外には収入となる職につかない人、つまり専業としてチャットレディーを行う人は申告書Bを提出することが求められます。

書類の構造がちょっとややこしいのですが、申告書AとBはそれぞれ、「第一表」と「第二表」と呼ばれる複写式となった三枚組の書類で構成されています。
三枚の書類はそれぞれ、所得税の申告のために使うもの、住民税の支払いのために使うもの、そして最後の一枚は自分が記録として保管しておくものとなっています。
三枚目の控えについては自分で保管しておくわけですが、その前に税務署まで赴き、確認のための印をもらう必要があります。
この手続きのため、自分の足で最寄りの税務署まで向かう方が多いですが、そんな時間がなかなか確保できないという人は、所得税用と住民税用の書類を税務署に郵送で提出する際に、返信用封筒を添えて三枚目の個人控えを提出すれば、確認のための印を押した書類を自宅まで送付してもらえます。

確定申告のために必要な書類は、第一表から第五表までありますが、多くの人がかかわるのは第二表までで、それ以降の番号が振られた書類は基本的に無視して大丈夫です。
とりわけ第四表は経営において赤字が発生した際に書かなければならない書類ですが、個人がチャットレディーという職についている限り、なかなかそういった機会は巡ってこないでしょう。

「第三表」は株による収益があった人が提出する書類で、「第五表」はすでに申告した内容に間違いがあった際に必要となるものですが、基本的に使いません。

それ以外に提出を求められる書類として、青色申告を行う際に必要な「青色申告決算書」と、白色申告を行う際に必要な「収支内訳書」があります。